入出庫検品サブシステム

蔵人



ハンディーターミナルを使った
入出庫検品サブシステム

IT導入補助金 登録ITツール

入出庫検品サブシステム蔵人が補助金対象ITツールとして登録されました。詳しくはこちらをご覧ください。
入出庫検品サブシステム BT-1000 BT-W300

よくあるお悩みと解決策

入力・保管に関するお悩み

  • 入出庫の入力が大変
  • 手入力による処理漏れ、入力ミスに気が付かない
  • 商品の保管場所がわからない
  • 在庫数が合わない原因がわからない
  • 取扱商品が多くて把握しきれない

商品の入出庫に関するお悩み

  • 商品を間違えて出庫してしまう
  • 納品先を間違えて出庫してしまう
  • 発注商品と違った商品が入庫されても気が付かない
  • 発注商品が入庫されていなくても気が付かない

入出庫検品サブシステムを使った

お悩み解決

入力間違いをアラートでお知らせ

入力間違いをアラートでお知らせ
パソコンから取り込んだ予定データをもとに、間違った商品やおかしな数量はアラーム音とバイブレーションでお知らせ。
単純なミスを防止できます。
パソコンにデータを取り込み可能。
面倒な伝票入力は必要ありません
パソコンにデータを取り込み可能
完了した作業のデータは、簡単な動作かつ短時間でパソコンに取り込めます。
取り込んだデータはCSVで出力可能。お客様の既存システムにも取り込んでいただけます。
商品の検索はバーコードでピッ!
商品の検索はバーコードでピッ!
この商品どこにあるの?と言う時は、商品のバーコードをピッ!商品の名前や保管場所が表示されます。
それでも在庫が合わないとき、
入出庫履歴で原因の検証が可能です
入出庫履歴で原因の検証が可能です
商品の入出庫履歴が一覧で表示されるので、在庫の動きを簡単に追うことができます。伝票から商品を探す手間を省いて省力化に。

入出庫管理サブシステムイメージ

入出庫管理サブシステムイメージ

運用フローチャート

1
CSV取込
基幹システムから出力した各種マスタCSV、入庫予定CSV、出庫予定CSV、在庫CSVを取り込みます。
2
マスタデータ送信
ハンディターミナルにマスタデータを送信します。
3
予定データ送信
ハンディターミナルに予定データを送信します。
4
検品・ピッキング
ハンディターミナルで商品のバーコードをスキャンして、入庫検品または出庫ピッキング、出庫検品を行います。
5
実績データ受信
ハンディターミナルから入出庫実績データを受信します。
6
実績明細出力
入庫実績明細画面もしくは出庫実績明細画面で取り込んだデータを確認し、CSVを出力します。
7
基幹システム取込
必要に応じて、蔵人から出力した入庫明細および出庫明細のCSVを基幹システムに取り込みます。

入出庫管理サブシステム操作デモ

入出庫管理サブシステムのKeyence BT-1010(ハンディターミナル)の操作動画です。
検品作業はなぜ必要?

検品作業はなぜ必要?

検品作業を行わずに届いた商品をそのまま誤入庫してしまうと、在庫過多や出庫欠品、滞留在庫の原因となります。入庫時に検品を行うことで誤入庫に即座に気づき、速やかに対応することで正確な在庫を保持することにも繋がります。
予定データに仕入単価をセットすれば入庫に納入価の確認が可能です。
また、蔵人は入出庫時にロットや消費期限毎の在庫も管理可能です。
出庫時の検品作業で商品の誤り・数量の誤りという誤出庫を防ぎ、納品先に安定した納品を継続することにより信頼を積み上げることができます。
入庫ミスや出庫ミスにより在庫に狂いが生じると、計上した仕入・売上の正確性を欠くこととなります。

標準構成

蔵人 -入出庫検品サブシステム-

Keyence BT-1010/BT-W300
Keyence
BT-1010/BT-W350
端末(HT)ソフトウェア
端末(HT)ソフトウェア
¥20,000~/1台
ホスト(PC)ソフトウェア
ホスト(PC)ソフトウェア
¥1,750,000~/1ライセンス
※5年リモート運用保守サポート付き

機能一覧

インポート機能

商品マスタ、顧客マスタ、仕入先マスタ等の各種マスタ、入庫予定データ、出庫予定データのCSV取込機能を標準搭載しています。
不足するマスタはエクセルで作成できます。
基幹システムのマスタを使用して、すぐにシステムをご利用いただけます。

エクスポート機能

入庫実績・出庫実績、棚卸データのCSV出力機能を標準搭載しています。
出力したデータは、基幹システムに取り込んでデータ連携をしていただくことが可能です。

バーコードスキャンで正確な入出庫

HTへ送信した出庫・入庫予定データを元に、バーコード読み取りで商品を特定、数量の入力を行うので、入庫・出庫検品時の商品間違いを防ぎます。予定データに無い商品や過剰な数量の入力が行われた場合はアラートが鳴るので、正確な入出庫が行えます。

総量ピッキング

出庫検品は個別のピッキングだけでなく、総量ピッキングにも対応しています。

棚卸機能

棚卸機能がついているため、日常的に棚卸を行っていただけます。
棚卸はもちろんバーコードスキャン対応、テンキーで在庫数を入力するだけのかんたん棚卸です。
頻回な棚卸により在庫のズレにいち早く気付くことができるようになります。

格納ロケーション表示機能

バーコード読取で棚番マスタに登録されたロケーション(保管場所)を表示する機能があるため、誰でも正確に保管場所に商品を格納することができます。

入出庫履歴問合せ

商品の入出庫履歴表示します。在庫の推移を見れるので、実在庫と理論在庫に差異が現れたときの調査に便利です。

現在庫問合せ

商品の現在の在庫状況を一覧表で表示します。

在庫差異表示機能

システム上の現在庫とHTから取り込んだ棚卸時の実在庫の差異を一覧で表示、印刷が可能です。
入出庫履歴の一覧表示、HTから取り込んだ実在庫データの明細(商品情報、棚卸処理した在庫数、担当者名)表示機能により、差異があった場合の原因調査も容易に行えます。